カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

お中元特集

お中元には喜ばれる海苔

海苔の七福屋にようこそいらっしゃいませ。

海苔専門店だからこそ、常日頃から本当に美味しい海苔を皆さまにお届けしたいと考え「贈られた方が、贈りたくなる」ような価値ある商品をご提供できることを常に念頭においた海苔づくりを心掛けています。

大切な方との絆をつなぐお中元をお客様にかわって丁重にお手配させていただきます。
きっと先様にお喜びいただけることと思います。「七福屋の海苔ギフト」をお世話になった方への贈り物にぜひご利用ください。

海苔の七福屋  房川

贈る相手別“人気の海苔ギフト”

「勤務先の上司」「会社関係のお取引先」など。また「両親・親類」やごく親しい「友人・知人」など身近な方々。
やはり贈る相手によってお客様がお選びになる商品も違ってきます。多くのお客様との長年お付き合いの中から【お客様が選んだ】贈る相手別の“人気の海苔ギフト”を掲載させていただきました。


「勤務先の上司」「お取引先関係」
人気商品

「両親・親類」「友人・知人」
人気商品

お中元「勤務先の上司」「お取引先関係」への人気商品
TH-50(缶入りギフト)

少し気を使う相手には高級感ある缶入りのギフトが人気です。ご予算も「取引先関係には5000円」と一般的な平均予算の「TH−50」が売れ筋NO.1です。

お中元「両親・親類」「友人・知人」への人気商品
特撰大判味付海苔120枚(5袋入)

ごく身近な相手には綺麗な缶や化粧箱よりも海苔そのものがたくさん入ってる方が喜ばれるのでは?というお気づかいからか、パーソナル海苔ギフトが人気です。


贈る相手の“家族構成”で選ぶ

先様の家族構成は様々ですので、そのご家族に適した海苔ギフトをご提案いたします。


「3世代同居」の
大家族に。

ゆっくり食べる方に。

家族経営の会社の
社長さんに。

「3世代同居」の大家族」におすすめの商品
七福屋海苔ギフト【彩−12】

4種類の味付け海苔の詰め合わせ。
先様のご家族のお子様からお年寄りまで、どの世代の方にもご満足いただける味があるはずです。
人気のバラエティーギフト。

ご高齢のご夫婦におすすめの商品
特選海苔80枚6本詰

少しずつ食べられて、便利な卓上容器入りがおススメです。
ネジ蓋だから、開封後も長期保存ができるので安心してゆっくりお召し上がりいただけます。

家族経営の会社の社長さんに!おすすめの商品
特選味付のり卓上15本詰

お中元などの頂き物は、社員の皆と分けるのが恒例のアットホームな会社の社長さんには同じものがたくさん入った「卓上52枚ギフト」がおススメです。


お中元ギフトを“ご予算で選ぶ”

当店で販売しています全ての海苔ギフトを1,000円から10,000円まで豊富な価格帯で検索していただけます。

・2000円未満

・2000円以上3000円未満

・3000円以上5000円未満

・5000円以上10000円未満

・10000円以上


より喜んでいただくためのQ&A

Q1.賞味期限はどのくらい?

Q2.注文後どのぐらいで届くの?
日時指定はできるの?

Q3.包装はしてもらえるの?

Q4.お中元を贈る時期は?

Q5.喪中でも贈っていいの?

Q6.お中元を贈るのが遅れたら?



 Q1.賞味期限はどのくらい?

「相手の方が留守がちな方なので、賞味期限は大丈夫?」とのお問い合わせを稀にいただきますが、海苔は長期保存(約9ヵ月〜18ヵ月)ができますのでその点はご心配ありません。

▲Q&A一覧へ戻る

 Q2.注文後どのぐらいで届くの?日時指定はできるの?

通常ですとご注文の当日〜翌日には出荷させていただいていますが、お中元の時期は繁忙期につき出荷まで2〜3日かかる場合がございます。
※カートでは4日後からのお届け指定になりますが、お急ぎの場合は場合はお電話でご連絡くださいませ。可能な限りの対応を心掛けています。
・お電話(通話料無料)0120−55−7298

また、お届け日時指定は4日後〜2か月後までのご都合の良い日をお選びいただけます。
※天候・交通事情によりお届け日時が多少前後する場合がございます。

▲Q&A一覧へ戻る

 Q3.包装はしてもらえるの?

はい。包装・熨斗紙はすべて無料で承っています。ご注文の際に商品ごとにご指示していただけます。また、手提げ袋が必要な場合も無料でお付けいたしますのでご指示くださいませ。
詳しくは下記をご覧ください。

>>>当店でご用意できる「のし紙」の種類
>>>ギフトの包装の仕方について

▲Q&A一覧へ戻る

 Q4.お中元を贈る時期は?

関東は7月1日〜7月15日、関西は7月中旬〜8月15日の間に届くように贈ります。ただし最近では地域にかかわらず7月中に贈るのが一般的になっているようです。

▲Q&A一覧へ戻る

 Q5.喪中でも贈っていいの?

お中元は感謝の気持ちを表す習慣で慶事ではないので贈っても大丈夫です。ただし贈る側、贈られる側が四十九日があけてない場合は時期をずらして「暑中御見舞」「残暑御見舞」として贈ります。

▲Q&A一覧へ戻る

 Q6.お中元を贈るのが遅れたら?

贈りそびれた場合は8月初旬の立秋までなら「暑中御見舞」以降は「残暑御見舞」
として贈ります。また、関西などの一部の地域では8月15日までがお中元の時期です。

▲Q&A一覧へ戻る

▲上に戻る
お中元

ページトップへ