カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

節分には「恵方巻きを丸かぶり」

節分の丸かぶりの由来は?

節分には家族そろって巻きずしを「丸かぶり」をして「家内安全」「合格祈願」「商売繁盛」などの願い事をする風習があるのをご存知ですか?

では、この節分の「丸かぶり」はいつどこから始まったのでしょうか?

これには諸説あるのですが、一説に

江戸中期〜後期の近畿地方のどこかで(大阪船場の商家という説あり)

「節分には一家揃って巻き寿司を恵方に向かって切らずに食べる」

という信仰をしてる人々がいたそうです。

それが徐々に伝搬してお寿司屋さんが季節の販売の材料にしたと言われてます。

その後、当店も所属している海苔業界団体≪大阪海苔昭和会≫が「節分に巻寿司」キャンペーンを大々的に始めたのが丸かぶりが全国に広まったきっかけです。

いずれにしても起源は江戸時代から・・・。

「前年の厄を払い、1年の幸運を祈る」

という伝統的な行事なんですね。^^

と言うことで、今年も「丸かぶり」で福を招きましょう!!


丸かぶりの正しいやり方は?

「恵方巻きを丸かぶり」正しいやり方


「恵方巻きを丸かぶり」正しいやり方


「恵方巻きを丸かぶり」正しいやり方


「恵方巻きを丸かぶり」正しいやり方

「海苔で健康推進委員会」より抜粋

ページトップへ